• エイジングケア化粧品の選び方

    エイジングケア化粧品には法的な定義はないものの、一般的には基礎化粧品の中で30代以上の年齢に応じた肌のお手入れをサポートすることの出来る化粧品のことを指します。オーガニックコスメやオールインワン化粧品や医薬部外品の中にもエイジングケア化粧品というものは存在します。エイジングケア化粧品は医薬品ではにので、効果は予防やケアであるため治療には当てはまりません。


    予防美容のために使用するものをとらえておくと良いでしょう。



    保湿力の高い成分が高濃度で配合されていたり、肌のハリやツヤや弾力などをサポートする機能性の高い成分が配合されていたり、抗酸化作用のある成分が含まれていることが多いです。

    自分の年齢や肌の悩みなどをしっかりと踏まえて自分に合ったものをチョイスする必要があります。

    肌の老化は肌が水分を失ってハリや潤いやツヤがなくなってきて、くすみ・たるみ・毛穴・しわ・ほうれい線・しみなどが目立って来ることです。
    エイジング以外の原因としては皮膚の乾燥・紫外線による光老化・酸化・糖化・女性ホルモンの減少・血管やリンパ管の老化などが関係してきます。
    加齢や生活習慣などが複雑に影響して肌の老化が進むのです。

    皮膚の乾燥が激しい人は乾燥肌対策の保湿の効果のあるものを選択しましょう。



    保湿はすべてのお手入れの基本となります。



    酸化対策のためにはビタミンA・C・E誘導体などが配合されている製品を選択しましょう。

    肌のタイプなどによっても違ってきます。